音楽とピアノ

ピアノを習い始めた5歳から20年以上電子ピアノで弾き続けて奏法や腱鞘炎に悩まされ、2016年の夏に思い切ってアップライトピアノを購入。そこから本当のピアノの練習が始まりました。

久し振りに。

今日は暑かったですね。

もう夏ですか?

物凄くお久し振りです(^_^;)

すっかり皆様のブログを拝見するだけになっておりました。

今年はですね、まだ半年も経っていませんが盛り沢山です。

昨年末より制作の仕事を始めまして、定期的にご依頼を頂いております。主に伴奏録音やピアノアレンジの依頼が多いです。かなり勉強になります。最近では雅楽の伴奏録音とか。雅楽って430Hzなんですね。初めて知りました。

ピアノ演奏に関しては昨年と変わらず…いや、寧ろ今まで以上にどん底まで落ちた時もありましたが(^_^;)、先月にまた単発レッスンで演奏を見ていただいたり、ピアニストの清塚信也さんのコンサートを聴きに行ったりして、今はもうやる気に満ち溢れています(笑)

単発レッスンは去年受講した先生とは別の方です。

私、手が小さいのも悩みだったのですが、その先生に、成人女性の中でも特に小さい、小学校高学年並みだと言われました(笑)体格もがっしりしていないから、正直ピアノを弾くには不利な体型なんですって。だから、同年代のピアノを弾く方達と同じ様な弾き方をしていると腱鞘炎や体の故障を起こしやすいのだそうです。

そこで何か、良い意味で諦めに近いような感情が湧いて、もう足掻くのはやめようと思いました。だってこれ以上手は大きくならないし、身長も伸びないし(笑)他人と比べずに自分が出来る事をやって行けばいいんだと考えたら、楽になりました。寧ろここまで頑張った自分を褒めてやりたいくらい(笑)

極め付けが清塚さんのコンサートですかね。

これまで何度か聴きに行っていたのですが、この間の清塚さんの演奏は何というか…全てが洗練されて、ツアーファイナルだったこともあるのか、一つ一つの音が何とも言えない表情をしていて、その音で私と悩みを繋ぐ糸みたいなものをプチプチと切られていくような感覚になりました。凄く音楽を楽しんでいらっしゃる方の音って、やっぱりとても説得力がある。

音楽は"音"を"楽"しむ。

それを思い出しました。

やはり私は、これまで技術ばかりを気にしすぎだったんだなと。

それからユニット活動のアレンジもライブも、これまでと打って変わって楽しいです。

まだまだピアノについては勉強や研究を続けて行くつもりなので、きっとまた壁にぶち当たると思いますが、その時はもっと自分に優しくしてやろうと思います(笑)

久しぶりの更新なのに、重い内容ですみません(^_^;)

またちょくちょく更新していこうと思いますので(たぶん…)、宜しくお願い致します!

11月も終わり。

こんにちは!

またしても久しぶりの更新になってしまいました(^_^;)

ただいまお昼休憩中。社内の空気が嫌で、久々に一人で外食をしております。仲の良い社員ちゃんは沖縄へ一人旅行中で、寂しいです。

11月は忙しくて、あっという間に時間が経過していきました。

依頼されていた映画音楽はなんとか終わりました。が、提供した音楽の使い方があまりにも酷くて、不愉快な気持ちで終わりました。

まぁ、色々と勉強になったからいいかなと思ってますが、許せない(笑)

ライブは3本あり、昨日で11月分は終了しました。年内は残り2本です。

アップライトには慣れてきましたが、よく音が響くピアノだと上手く弾けません。ペダルもなんだか汚くなってしまいます。ライブハウスによって違うから、慣れないといけないんですけどね…。

2017/10/30

こんばんは。

昨日は職場の仲のいい社員ちゃんと、店長を誘って飲みに行きました。

目的は、店長に私達のストレスをわかってもらうため(笑)

いつかの日記に書きましたが、問題児の営業社員2人に対して相当頭に来ているんです。

かなり言ってやりました。「社会人としての常識もないし何度注意しても改善されない。大分ストレスです。はっきり言って嫌いですね」と。「店長は優しすぎるから、少し厳しくした方がいいんじゃないですか」と。

それに対して店長は「わかった、どうにか改善しよう」と言ってくれました。

でも、仲のいい社員ちゃんがトイレに行っている間にこう言われました。

「君はとても良くやってくれているのは凄く分かっているんだけど…やっぱり営業の数字を作ってるのは彼らだからね。勿論、言われる側にかなり原因はあるっていうのも分かっているんだけど…少し我慢…と言うか、売り上げを作っているのは営業だからさ…」

と。

そんな事を言われたら、もうどうしようもないですよね。

私は所詮事務だし、所詮バイトだし。

「勿論、間違っている事があれば2人に言ってもらって構わない」とも言われましたが、正直冷めてしまいました。

店の為・2人の営業の為にと思って注意をしても、改善されなくてイライラしても、それでストレスを溜めても、上がそういう考え方ならそれは私がただ無駄な労力を使っているだけだなと思いました。

そういう指導やストレスを抱えるのは、上がやればいい。

言いたい事は言えたのでスッキリしましたし、諦めモードに入ったのでもう何も感じなくなりました。

私はバイトらしくそつなく仕事をして行こうと思います。


昨日の飲みのせいで今日は二日酔いでしたよ(笑)二日酔いでリハをして来ましたよ(笑)

ぜんぜんピアノの音に覇気がなかったです(笑)

やばいな、練習しないと。

2017/10/26

こんばんは。

数ヶ月前、またユニットに短編映画音楽のオファーが来ました。

今度は主題歌だけでなく、劇伴(劇中伴奏音楽)もやる事になりました。相方が主題歌を作り、私は劇伴を担当します。

これまでピアノソロのインストものを数曲作って来ましたが、劇伴なんて初めてで右も左も分かりません。

しかも映画はラブコメ

…。

…ラブコメ

…。

まっっったくどうしていいかわかりません(笑)

ユニットでは失恋ソングばっかりやっていますし、別れ・不倫・妬み嫉みみたいな内容の曲が好きですし(笑)クラシックも短調の暗い曲が好きですし…。

ブコメって(笑)

監督がイメージしているものとかなりかけ離れたものを作っているので、今のところ相方が作った主題歌しか褒められていません。

なぜ監督は失恋ソングユニットの私達にラブコメ映画のオファーをしたのか。

あー、大変だ。やりたくないなぁ(笑)

2017/10/17

こんばんは。

今日は初めてボクシングジムの体験に行って来ました。楽しかったけど、腕も足もガクガクです(^_^;)たっぷり汗をかいて、少しスッキリしました。あー、疲れた(笑)

やっぱりグルグルと考えています。

けど、私ではどうしようもない事もあるので、それは諦めました。

なので、ちょっと気持ちが楽になったかな。

2017/10/12

こんばんは。

今日は、良くしていただいているライブハウスの店長さんと飲んで来ました。

以前から私達と飲みたいと言ってくれていて、やっと実現しました。

ライブハウスの店長さんで演者とこれだけ強く繋がりを持ってくれる方って、なかなかいないんじゃないでしょうか。

最近のモヤモヤが、また少し解消されたように思います。

いいユニットだと。

いいピアノだと。

言っていただきました。

もうちょっと頑張ってみようかな。

2017/10/5

こんにちは。

 

珍しくPCからの更新です。

 

今、アップライトピアノの調律をしていただいています。9月の頭にやっていただいたのですが、その後から調子が悪くて。なので、この待ち時間で最近のモヤモヤを書き出そうと思います。

 

ここ最近…と言うか…もうずっとなんですけど、情緒が不安定でして(^_^;)でも、この数日は自分で髪を切ってしまう程の精神状態で(笑)昨日の夜、急に髪の毛がうざったくなって、どうしても我慢できなくてスッキリしたくて、20cmくらいハサミでバッサリといってやりました。後ろ側は見兼ねた父が切ってくれましたが、これが意外と上手くいきまして(°∀°)流行の切りっぱなしボブみたいな感じに仕上がりました。くせ毛なのでドライヤーをあてれば自然と内側にカールもしますし。美容院代が浮きました♪

 

ずっと精神が不安定な理由は音楽以外の事も関係していて。

 

あのね、お金が無いのです(笑)

バイトの時給はいい方だと思うのですが、アップライトで練習をしたくて早めに上がらせてもらったり(家族が帰ってくるのが19時頃なので、それまでが練習時間)、ライブの日も早めに上がらせてもらう事が多いので収入としては低いのです。相方も同じくバイトで、一人暮らしなので毎月カツカツだそう。なので、近頃はライブもセーブしています。CDの自主制作も躊躇っています。新しいPV制作もしたいけど、できません。地方にライブをしに行ってみたいし、DAW関連の機材も揃えたい。やりたい事はたくさんあるのに今の収入では不可能な事が多いのです。私は実家暮らしですが、両親に毎月いくらか渡しているので、そこまで余裕はありません。

 

今のバイト先で、社員になって欲しいという話を何年か前からいただいています。私、まぁまぁ優秀なバイトみたいなので(笑)(すみません(笑))最近は仕事量も増えてきたので、社員になった方がいいのかな…と思ってきています。

 

が。人間関係が最悪でして。

若い営業社員の男女2人が仕事ができなくて、しかも変な奴で。常識も無くて。言い方は悪いですが…2人ともかなりのクソなのです(笑)それで毎日毎日イライラして、ストレスがもの凄いのです。その2人に対して店長もあまり言わないという…クソばっかり(笑)十何人いるうちの数名が合わない人・嫌いな人だったらいいのですが、うちは少人数で半数が合わない奴・嫌いな奴という、悲惨な職場なのです(笑)その中で一番仲が良くて一番信頼できる年下の社員の女の子が、そろそろ辞めそうで…。

そんな状況で社員になって、働く時間も増えるとなると要するにストレスももっと増えるという事。そう考えるとバイトで自由なシフトの方がいいのか…でもお金が…でもストレスが…というループなんです。
レッスンやセミナーも、もっと受けたいと思うのですがお金が…(笑)結局お金ですね(^_^;)


で、2日にライブがありまして。

 

もう何年も、何回も何回も何回もライブで弾いている曲をもの凄く間違えたんです。何回も何回も、もう何百回と練習もしているはずなのに。

 

完全に自信を失いました。

 

元々ずっと自分の演奏には1%も自信が無くて、でも最近は褒めていただく事が増えて15%くらい自信が付いてきていたのですが(笑)このライブで寧ろマイナス100%くらいになってしまいました。

 

相方のボーカルには「自信が無い人は多いと思うけど、あんたは無さ過ぎる。ピアノがどれだけ間違えたかなんて聴いているお客さんはそんなに気にしてない」と言われました。

 

言っている事はわかる。確かに自信は無さ過ぎる。お客さんは気にしてないかもしれない。でも、当の本人はもの凄く痛い思いをしてる。もし、ピアノが失敗をしなければもっと歌とメロディーを正確にお客さんに伝えられたかもしれない。もしかしたらそれでCDが売れたかもしれない。

 

私は作詞も作曲もしていない。ユニットの曲だけど、私の曲ではない。だからプレッシャーはもの凄いものなんだよ。私の失敗でボーカルが作った良い曲がお客さんの心に届けられなかったらそれは哀しい。

 

相方にこうも言われました。
「いくらレッスンに通ったからってあんたの現状は変わらない。ピアニストになるわけじゃないんだから、奏法を見直してもしょうがないんじゃない?今のユニットで弾くくらいならレッスンはいらないでしょう」と。

 

ショックでした。
相方には私の音楽・ピアノに対する悩み・レッスンに通いたい理由は全部話してきたつもりでしたが、理解してもらえていなかったんですね。ユニットの為なんですけどね、レッスンを受けているのは。


前から薄々感じていましたが、やはり相方とは音楽に対しては温度差があるような気がします。もちろん私も一番はユニットが大切ですが、もっと自分の技術も知識を増やしたいのです。将来はもっと活動の幅を増やして行きたいと思っていますし。

 

なんだかな。

 

辛いです。